桜塚やっくん

痛ましい事故ですね。
高速で事故ってしまったら、なんとか後続に知らせて危険を回避してもらうしかないわけですよね。
特に、停止してしまったのが、追い越し車線だと危険ですよね。

私が免許を取った時は、教官の言った印象的があります。

「適切な車間距離というのは、実は、数字では示せない。前の車が突然その場に停止したとして、それにぶつからずに止まれる距離が適正な車間距離です。大事故の大半は、最初の普通の事故の現場に後続が次々に突っ込む事で大きくなったものです。」

こんな内容でした。
今回の事故も、これを守っていたら、やっくんの車の停止だけで済んだ筈です。

でも、これが可能な距離をあけていると、次から次へと前に車が入ってきます・・・

その度に、思います・・・
「前の車が突然停止しても、あなたは止まれますか?」と・・

その他にも、今回の事故では、現場が「魔のカーブ」であった事が報道されてますね。
毎年4-5件の事故が同現場で発生しているとか・・・
画像を見ると、下りのカーブの上に「逆バンク」がついているように見えます。
実際に逆バンクでなくても、そう見えるだけで、心理的なストレスになって運転を誤る可能性は高くなります。
事故が多発している現場を放置した側にも責任があると思います。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。