安藤美姫

安藤美姫が、また批判されますね。
国内の既存のルール(それとも単なる習慣?)を無視して、ドイツの大会で、復帰する。
これを自分勝手と批判する声があがってるわけですが、これ、批判するような事でしょうか。

スケート連盟という後ろ盾を無くして、自分の力だけで、五輪の席を勝ち取らなきゃならないんです。
ママになって、体も変われば、練習にとれる時間だって少なくなったでしょう。選手としては、不利な事ばかりの中で、世界の最高峰を目指してるんです。
渡りたい時に船が来れば、飛び乗るは当然でしょう。
ドイツから招待を受けた。ここで、ISU公認大会での最低技術点をクリアしておけば、後が楽です。

1つのチャンスを逃しただけでも、ソチには行かれない。

だから、必然の選択だったんだと思います。

オヤジは、安藤美姫、応援します!

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。